PhotoMani

iPhone5を交換しました

iPhone5

発売当初からカメラのパープルフレアやら液晶の気泡,果てはボディからの光漏れ(本当か!?)などちょっとした騒ぎになっていたiPhone5.私にとってはどこ吹く風でしたが,昨年末あたりから調子が狂い始めました…

カメラにゴミが!!

iPhoneに搭載されているカメラは4Sから格段に性能が向上し,一昔前のコンデジを上回る画質の写真を撮れるようになりました.今や旅行へ行ってもカメラを使わずにiPhoneだけで済ませてしまう人も少なくありません.私も日常の記録用にiPhoneのカメラを愛用しています.

ところが,購入から2ヶ月ほどしてから撮影画像の中にゴミが写り込むことに気がつきました.最初は小さなホコリのようなものが一つだけ写り込んでいるだけでしたが,日に日にゴミは増えていき,iPhoneの小さい画面で見ても一目でゴミと分かるレベルまで達してしまいました.

 

ゴミが写り込んだ画像

ゴミが写り込んだ画像(黄丸)

 

何を隠そう私はiPhoneにカバーを付けない派です.しかも常時ポケットの中に入れているので「確かに精密機器にとっては過酷な環境だし,仕方ないかなぁ」とカメラのゴミ問題は甘受していました.しかし,程なくして別の不具合が浮上しました.

スリープボタンまで…

iPhoneの右上にあるスリープボタンが稀に効かなくなるようになったのです.段々とその頻度は増えていき,そのうち一発でスリープすると「ラッキー♪」と思うレベルにまでなってしまいました.はじめはメカ的な問題を疑って強く押す,連打する,本体を振ってみるなど色々と試しましたが,どれも効果はありませんでした.それではソフトの問題かと思い簡単に検証してみたのですが,「Wi-Fi経由で同期しているときはスリープできない」という法則以外見つけ出すことは出来ませんでした.

 

iPhone5

スリープボタンとカメラユニット

 

iPhoneは一定時間後に自動スリープする機能があるため,実用上致命的な問題ではありません.しかし,先のカメラ問題と相俟って「もうiPhone5S(?)まで待てない!」という想いに至り,ついにiPhoneの交換を決意しました.

やっぱりGenius Bar

ネットで調べても上記の不具合が無償交換の対象かどうかの確定的な情報は得られませんでした.このような微妙な状況の場合,直接Apple Storeに持ち込むのがベストです.Apple StoreにはGenius BarというApple製品の専門家による相談サービスが完備されており,こういった製品の不具合から操作方法のレクチャーまで何でも対応してくれます.ただ,休日だけでなく平日でも非常に混雑するので事前予約をおすすめします.

早速,仕事終わりにGenius Barを予約し,銀座にあるApple Storeに向かいました.スタッフに予約名と用件を伝えて少し待っていると,技術担当スタッフがやってきました.カメラのゴミとスリープボタンの不具合を伝えると,よくある不具合なのかカメラについては全くチェックせず,スリープボタンを押してスリープしないことを確認した瞬間に「これは無償交換ですね!」と即断されました.この間約10秒!!予想以上に迅速な対応でした.

その後は新品のiPhoneにSIMカードを入れ替え,古いiPhoneの全データを消去した上で回収し,スタッフの前で新しいiPhoneのアクティベート兼動作確認を行います(10分程度で終わります).なお,古いiPhoneは回収されてしまうため,新しいiPhoneでも元の状態で使いたい場合はGenius Barに持っていく前にバックアップをとっておきましょう.

 

カメラからゴミがなくなった!

カメラからゴミがなくなった!

 

当たり前ですが新しいiPhoneはカメラにゴミも無く,ちゃんとスリープしてくれます.スッキリ!!